定年後に幸せを掴む3つのヒント


こんにちは。

三十代で働き盛りのヒラムキです。

後30年ほど働けば定年退職を迎えるわけですが、
まだまだ先の話すぎて定年後の生活がイメージ
できません。

定年後の生活を調べてみると意外にマイナスなこともっ!?

やっと仕事を終えても幸せなことばかりじゃないんですね。

にしても30年は長いなぁ~・・・(;´Д`)

 

 

目次

◆定年退職後不幸な人は少なくない
◆定年後の趣味が人生を左右する
◆妻を追い込んでいるのはアナタです
◆まとめ

 


定年退職後不幸な人は少なくない

もう働かなくて済むんだ!幸せな毎日がおくれる!

というわけではないようですね・・・。

今まで40年ほど働いてきて突然それが無くなると
何をしたらいいか分からなくなってしまう人も多です。

仕事に多くの時間を費やしてきた人ほど戸惑いが多く
ずっと家庭にいることがストレスになることも。

しかしストレスが溜まるのは夫だけではなく
ずっと家にいる夫がストレスになる妻も多く
夫婦仲がギクシャク。

家庭での居場所が無いかたもチラホラ。

身に覚えはありませんか?汗

せっかく自由な時間ができたのに、これでは
夫・妻の双方に不幸です。

もはや定年退職後の夫婦円満の生活は幻想です・・・。

定年後の夫婦仲や家庭の空気を変えたい人も多いのでは?

 

定年後の趣味が人生を左右する

やはり家に閉じこもっていないで外に出るのが一番!

働いているころから趣味がある人はいいのですが
趣味もなく仕事一筋だったひとは、すぐにでも
趣味を見つけるべきです。

実は夫婦一緒の時間を減らすことが家庭円満の秘訣なのです!

一緒に長い時間いすぎてもダメなんです。

なぜならあなたが働いている間に妻は自分の世界を築きあ上げているのです。

その世界に急に部外者が入ってきてゴチャゴチャ言われたらストレスです。

家族の為に働いてきたのに寂しいですね・・・。

でも、これが様々な家庭で起きている現実なのです!

これで趣味を持たないとマズイと感じたんじゃないでしょうか?

え?

何を趣味にしたらいいかわからない?

という方の為に「定年退職後におすすめな趣味」はコチラ

在職中で趣味が無い方は定年に向けて。退職された方は
これからの夫婦円満の為に趣味の開拓をしてみては?

 

妻を追い込んでいるのはアナタです

あなたが定年退職後に妻が偏頭痛を起こしたり
気分の浮き沈みが激しくなっていませんか?

それって「主人在宅ストレス症候群」の疑いが有りますね。

主人在宅ストレス症候群???

聞き慣れない言葉ですが、名前の通りで主人の過度な在宅時間が
ストレスとなり発症する症状で、

●心の症状として
・イライラ
・落ち着かない
・リラックスできない
・うつ
・自律神経失調など

●体の症状として
・偏頭痛
・高血圧
・胃、十二指腸潰瘍
・動悸
・不眠

などがあげられます。

もしそんな症状が見られたら、あなたはこんな行動に
心当たりはありませんか?

・帰宅後や休日に毎回食事の献立を聞く
・入浴の準備(タオルや下着・パジャマなどの用意)を妻にさせる
・食事の時間が妻とずれていても後片づけを自分でしない
・妻の都合を考えずにリクエストや要求を行う
・自分は動かず妻になんでも指図する

出典 マイナビウーマン 旦那がストレス!「主人在宅ストレス症候群」の原因と対処法

定年後に幸せな家庭を築くなら趣味の他にもこういった部分にも
気を使わなければいけませんね。

これを知っているか知っていないかで過ごすのは大きな差が生まれます。

 

◆まとめ

今回は定年後に家庭円満で過ごすための3つのコツを書きました。

これを読んで身に覚えのある方やギクッとした方もいると思います。

そんな方は、まだ間に合いますので趣味を持ったり妻との接し方を
改善した方がいいですね。

どうしても趣味などが見つからない人は再就職してもいいですね。

最近の60代の方はまだまだ若いですし、経験が豊富であれば
雇い入れてくれる企業もあります。

実際に当社でも定年後に再就職し活躍している人も。

あ~私も将来の為に趣味を探さねば・・・汗

 

クリエイトワークスのページ「いいね!」はコチラ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)