建設業の若者の定着率2人に1人が・・・ミスマッチが原因では?


こんにちは。

クリエイトワークスWEB担当のヒラムキです。

建設業に就職した高卒者の50%が何らかの理由で建設業を辞めている。

2人に1人が辞めているのだ。

凄い離職率だ。

その理由は何だと思いますか?

いろいろ考えられます。

よく言われるのが、きつい・汚い・危険の3K。

果たして、問題なのはそこだけか?

私は違うと思う。

もちろん労働環境の改善も大事なことだが、

会社側と働く側の

「ミスマッチを無くす」

ことが非常に大事だ。

簡単に言うと

現場で体を動かす仕事をしたかったのに、

管理の仕事をすることになり事務所内でのデスクワークが多い。

自分がしたい仕事と与えられた仕事のギャップが若者の離職に繋がるのだ。

面談に時間をかけお互いにミスマッチを無くす作業は重要だ。

 

クリエイトワークスのページ「いいね!」はコチラ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)