建設業界、褒めて伸ばす?叱って伸ばす?


こんにちは。

上司には褒めて伸ばしてもらいたいタイプのヒラムキです。

本日は「褒め方」について書きました。

あなたは現場で部下を褒めていましたか?それとも叱っていましたか?

あなたは現場で上司に褒めれれていましたか?それとも叱られていましたか?

 

 

目次

◆いい加減な褒め方はNG

◆誰かと比較して褒めるのはNG

◆感情たっぷりに褒めるのはNG

◆まとめ


◆いい加減な褒め方はNG

褒めたことについてよく知りもしないのにいい加減な褒め方をしたら、適当に褒めているのが相手にばれてしまい不快な思いをさせてしまう可能性があります。

何も知りもしないで適当に褒めるぐらいなら、素直にいろいろと質問を重ねて知っていく努力をしようとするほうが好感を持たれやすいでしょう。

また、相手に興味を持つことでお互いを理解し合うことができ、良いコミュニケーションに繋がります。

 

◆誰かと比較して褒めるのはNG

褒めるのが誰かと比較するような褒め方も良くありません。

例えば「△△さんは駄目だったのに、□□さんは凄いんだね」という誰々より凄いというような褒められ方はあまり嬉しくないですし、言われた本人は素直に喜べません。それなら素直に褒めてくれた方が喜びやすいです。

また「なぜこの人は△△さんのことを悪く言うんだろう?」と、悪い印象を持たれてしまいます。

人と人を比較して褒めるのは、やめたほうがトラブルを避けられます。

 

◆感情たっぷりに褒めるのはNG

大げさな言葉や実態にそぐわない過剰な褒め言葉は、嘘くさくなってしまうからよくありません。

本人は褒められて嬉しいどころか「別の意図があるのではないか?」と警戒されてしまいます。

また、顧客を褒める場合にあまりにもオーバーな褒め方をしてしまったら「嘘をつくんじゃない」と機嫌を損ねられかねません。

それでは褒めたことがプラスに働くどころかマイナになってしまいます。

できれば感情のままに褒めるの方がストレートに伝わり好感を持たれやすいです。

 

◆まとめ

人を褒めるということは高度な技術が必要です。

ただ褒めればそれで良いというわけではありません。

安易に褒めてしまったがばっかりに相手との人間関係がマイナスに働いてしまうことが大いにあります。

それならば言葉が少なくても、本心で褒めることが大切だと感じました。

褒め方を少し意識することが良い人間関係を構築する近道ですね!

 

現在クリエイトワークスでは、褒められて伸びたい土木と建築の現場監督として募集しています!笑

経験が少ない方の応募はコチラから!

50代、60代の方の応募はコチラから!

また、ヘッドハンターも募集していますので、興味のある方はコチラから!

クリエイトワークスのページ「いいね!」はコチラ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)