なぜ人はSNSを使うのか?


こんにちは。

会社のTwitterアカウントで、くだらないつぶやきをリツイートするのがマイブームのヒラムキです。

今回は、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)について書きました。

なぜ、みんなSNSをするのか?

ちなみに当社代表のTwitterアカウントはコチラ

目次

◆SNSとは?
◆なぜ人はSNSを使うのか?
◆SNS疲れ
◆まとめ


◆SNSとは?

SNSとは、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(Social Network Service)の略で、人と人とのコミュニケーションを促進し、社会的なネットワークの構築を支援するスマホ・パソコン用のインターネットサービスのことです。

SNSが普及していない時代のブログや掲示板などでもそうした機能の一部は実現できていましたが、SNSは特に「情報の発信・共有・拡散」といった機能に重きを置いているのが特徴です。

SNSの代表的なものとしては、「Facebook(フェイスブック)」「Instagram(インスタグラム)」「Twitter(ツイッター)」「LINE(ライン)」などが挙げられ、みなさんも一度は使ってみたり聞いたことがあるのではないでしょうか?

2017年には「インスタ映え」とい言葉が流行語大賞に選ばれたりと、SNSは社会にも大きな影響を与えるものとなりました。

「インスタ映え」という言葉が流行った当時に会社の人に

「インスタ映え(蠅)バエ」か「インスタ蚊」か知らねぇ~けどよ~

と言われて困惑したのはここだけの話し(笑)

 

◆なぜ人はSNSを使うのか?

なぜ人はSNSを使うのか?

みなさんは、なぜかわかりますか?自分の感情に素直な人は、分かっているかもしれないですね。

なぜ人は自分のことをSNSで投稿するかというと「承認欲求」を満たすためだと言われています。

アメリカの心理学者アブラハム・マズローは、人間の欲求を5段階で表す「マズローの欲求5段階説」を唱えており、生理的欲求・安全欲求・社会的欲求・承認欲求・自己実現欲求を下の図のようなピラミッド構造で表しました。

人間の欲求は、ピラミッド下位の低い欲求が満たされると、ピラミッド上位の高い欲求へ上がっていきます。

そしてSNSが満たすと言われている承認欲求はピラミッドの下から4番目の欲求で「他者から認められたい」という気持ちです。

承認欲求は他者から認められたいから頑張る、他者から評価されたいから努力するなどというモチベーションアップに繋がります。

SNSの多くには「いいね」ボタンが設置されており、投稿した写真などに他者から「いいね」ボタンを押してもらうことができます。

自分が投稿した写真などで「いいね」が多くなれば多くなるほど、目に見えて他者から認められたと感じられ、承認欲求が満たされるのです。

それがSNSをする(はまる)理由だと言われています。

しかしSNSは承認欲求が満たされるだけではなく、こんなマイナスな事例も・・・。

 

◆SNS疲れ

SNS疲れとは、SNSで他人とのコミュニケーションなどに精神的に疲れてしまうことです。

原因としては、自分の投稿に対する反応を過剰に気にしたり、知人の発言に返答することに義務感を感じたり、不特定多数のSNS利用者からの誹謗中傷に気を病んだりすることが挙げられます。

最近ではSNS疲れから、インスタグラムの投稿を全削除したり、アカウントを削除する有名人が増えてきており、それが注目を浴びやすい有名人だけではなく一般人にも広がってきています。

SNSは承認欲求を満たしてくれたりモチベーションアップにも繋がりますが、心を病んでしまう場合もあるので、のめり込み過ぎには注意が必要です。

 

◆まとめ

今回は、SNSについて書きました。

みなさんは今回この記事を読んで、どんな気持ちでSNSをしているか振り返ってみたのではないでしょうか?

SNSをすることで人脈が広がったり、モチベーションアップに繋がったりと良い部分もありますが、のめり込み過ぎるとインターネット依存症やSNS疲れになってしまい逆にモチベーションが下がってしまう場合もあるので注意してくださいね。

 

現在クリエイトワークスでは、自分の経験や能力を活かしたい土木と建築の現場監督を募集しています。

経験が少ない方の応募はコチラから!

50代、60代の方の応募はコチラから!

また、ヘッドハンターも募集していますので、興味のある方はコチラから!

 

クリエイトワークスのページ「いいね!」はコチラ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)