奥ゆかしき日本人。あなたの伝え方は自己満足になっていませんか?


こんにちは。

秋の気配も感じるようになり過ごしやすくなったので元気イッパイのヒラムキです。

皆さんは気温差で体調の方は大丈夫でしょうか?

季節の変わり目は体調を崩しやすいので気を付けてくださいね。

今回のブログは、会社の研修で学び考えさせられる事があったので、その内容の一部を((φ(..。)カキカキ

普段の自分を振り返る為に、参考にしてみてくださいね。

 

目次

◆「奥ゆかしい」とは?
◆伝えたいことは本当に伝わってる?
◆伝えたつもりはNG
◆まとめ


◆「奥ゆかしい」とは?

日本に住んでいれば誰しもが「奥ゆかしさ」を感じたことがあるのではないでしょうか?

日本文化に触れれば、よく聞く言葉だと思いますが、その意味をご存知でしょうか?

「奥ゆかしい」とは、心遣いや気配りが行き届いている様などに使われます。

日本では古くから、謙虚で控えめな態度が美徳とされてきました。

これは日本独自の文化であり大変素晴らしいように思えます。

しかし近年の国際化に伴いそれが通用しないことが増えてます。

ビジネスの場では、「日本人は、はっきモノを言わない」という外国人の意見も聞かれます。

日本で美徳とされている「奥ゆかしい」が短所になる場合があるのです。

 

伝えたいことは本当に伝わってる?

実は上記の事のように、皆さんも普段の生活の中で相手に物事をちゃんと伝えられていない可能性があるのです。

例えば、誰かに何か相談されたときに、相手の考えがもあったものの自分の考えの方が正しいと思った際に、相手の考えを真っ向から否定するような伝え方はするでしょうか?

相手を傷つけたくないという心遣いから、そんな伝え方はしないですよね。

気が知れた仲ならまだしも、そうではない相手には自然と顔色を見ながら遠回しにオブラートに包んで伝えていますよね。

自分が意識していなくても相手を思う心遣いから「奥ゆかしさ」が出てしまうのです。

しかし相手を思えば思う程に伝えたいことが上手く伝わらないのが現実なのです。

 

伝えたつもりはNG

このようなことがビジネス上で起きてしまうとどうでしょうか?

「私は伝えたつもりだったが相手に伝わっておらず現場の工期が遅れてしまった。」

極端な例ですがとても大変な事態ですね。

相手を気遣うあまり直接的に伝えなかったことから、このような事態が生まれる可能性があるのです。

これは、伝えた側と伝えられた側のどちらの問題なのでしょうか?

ビジネス上で伝えたつもりはNGであり、その心遣いは自己満足にすぎないという事になってしまうのです。

「私は伝えたつもりだった」というのは自己中心的な考えなのですね。

時と場合によっては伝え方を考え工夫しなければいけませんね。

 

◆まとめ

今回のブログは、会社の研修で聞いた話の一部を取り上げて書いてみました。

社会人になり年数を重ねると、このような話を聞く機会や誰かに指摘されることは少なくなるので良い経験でした。

皆さんも今回のような経験があれば、今一度伝え方を意識してみてはいかがでしょうか?

しかしビジネス上での相手への気遣いは、自己満足になる可能性があるというのは衝撃でしたね。笑

このブログとは別に「社長コラム」の連載もスタートしていますので合わせてお読みください!

 

クリエイトワークスのページ「いいね!」はコチラ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)