熱い男が働く暑い現場


こんにちは。

久々のブログ更新となりましたヒラムキです。

先週あたりは気温が高くなったと思ったら、急に気温が下がったりと不安定な天気が続いていましたね。

気温差が激しく体調を崩している人もいるのではないでしょうか?

私もその一人でブログを更新している今も全身に倦怠感が・・・夏風邪?

ゴフゥ・・・ッ。_:(´ཀ`」∠):_

もしかしたらこれが最後のブログ更新になるのかも笑

夏風邪がかなり流行っているようなので皆さんも気を付けてくださいね!

社会人たるもの体調管理をしっかりおこなわないとダメですね。

そこで今回は、これからの季節に役立つ熱中症対策について。

実はあなたの熱中症に対する認識は間違っているかも?

 

目次

◆熱中症とは
◆水だけの水分補給は間違い
◆塩分の取り過ぎに注意
◆熱中症にかからないための体づくり
◆まとめ


◆熱中症とは

 

熱中症とは、暑熱環境下においての身体適応の障害によっておこる状態の総称である。本質的には、脱水による体温上昇と、体温上昇に伴う臓器血流低下と多臓器不全で、表面的な症状として主なものは、めまい、失神、頭痛、吐き気、強い眠気、気分が悪くなる、体温の異常な上昇、異常な発汗(または汗が出なくなる)などがある。また、熱中症が原因で死亡する事もある。特にIII度の熱中症においては致死率は30%に至るという統計もあり、発症した場合は程度によらず適切な措置を取る必要があるとされている。また死亡しなかったとしても、特に重症例では脳機能障害や腎臓障害の後遺症を残す場合がある。

引用元:Wikipedia

 

◆水だけの水分補給は間違い

 

水分補給していれば熱中症にかからないという認識が一般的にありまが、それは間違いです。

もちろん暑い日に水分補給しなければ体の中の水分が減ってしまい熱中症にかかってしまいます。

ここで注意したいのが、ただの水だと熱中症になってしまう、もしくは悪化してしまう可能性があるということです。

水分補給と言っても人の体からは塩分やミネラルも一緒に排出している為、これらのものもしっかりと補わなければなりません。

そのため、水だけを摂取していると血液中の塩分濃度やミネラル濃度が低くなり、熱中症の原因となってしまいます。

熱中症が疑われるときは、ただ水分を補給するのではなく、塩分も一緒に補給することが重要です。

良かれと思った行動が実は熱中症の原因となってしまう可能性もあるのです。

 

◆塩分の取り過ぎに注意

 

上記で水分と一緒に塩分を補給することが重要だと書きましたが、塩分の取り方にも注意が必要です。

例えば、激しい運動や屋外での労働で、大量に汗をかいている場合は、水分と一緒に塩分が出てしまっています。

汗をかいた後に肌がべたつくのは塩分が出た証拠です。

そのような時は塩分が体外に出てしまっていますので、水分だけでなく塩分補給も重要になります。

しかし、室内作業などで汗をかくことが無いにもかかわらず、コンビニや薬局で売っている「熱中症対策飲料水」を水がわりに毎日飲んでしまうと塩分の取り過ぎになってしまい、高血圧になってしまう可能性があるので注意が必要です。

 

◆熱中症にかからないための体づくり

 

本格的に暑くなる前から暑さに慣れる運動をして、熱中症に強い体を作ることが重要になってきます。

具体的には、体の血液の量を増やすことがとても大切で、汗が出やすい体づくりが熱中症の対策になります。

人は汗をかくことで、体温を調節し、汗は血液の水分から作られているので、血液の量が少ないと汗があまり出ず、体に熱がこもって熱中症になりやすくなります。

血液の量を増やすには、

インターバル速歩 (ややきつめの運動)を行う

・汗ばむ程度の早歩きを3分
・ゆっくりとした歩きを3分

を交互に繰り返し、これを1日30分間行う。

運動後30分以内に 「糖質」 や 「タンパク質」 を含む牛乳やヨーグルトを摂取する。

これを週に4日、2週間ほど続けると、効果が表れ体の血液量が増え熱中症に強い体になります。

 

◆まとめ

今回は「熱中症」について書きました。

これからの季節まだまだ暑い日が続きますので、皆さん熱中症にはご注意ください。

今でこそ、コンビニや薬局などで熱中症対策飲料水がお手軽に買えますが、先日現場に行った際に聞いた話だと、昔はポカリスエットと水を1対1で割り塩を加えて熱中症対策をしていたという話を聞きました。

味はものすごく不味いとのことでしたので、勇気のある方は是非チャレンジしてみて感想を聞かせてくださいね笑

このブログとは別に「社長コラム」の連載もスタートしていますので合わせてお読みください!

 

クリエイトワークスのページ「いいね!」はコチラ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)