建設業界の週休2日制は定着するのか?


こんにちは。

社会人になったころには週休2日制が世の中に定着し、それが当たり前だと思っていたヒラムキです。

今回は建設業界の働き方改革の1つ「週休2日制」について。

なぜ今頃になって週休2日制が騒がれているのか?

なぜ建設業界は未だに週休2日制を取り入れないのか?

実はそこには建設業界の深い闇が。

 

目次

◆週休2日制は1980年頃から定着
◆建設業界で週休2日制は定着していない
◆今後の建設業界の為に週休2日制は必須

◆まとめ


◆週休2日制は1980年頃から定着

実は週休2日制は昔から導入されており、その歴史は三菱電機が日本の大企業として初めて1963年に導入しました。

また、その2年後にパナソニックが導入を開始しました。パナソニックの創業者の松下幸之助はアメリカの企業を視察した際に、アメリカ流の高賃金・高能率に影響を受け週休2日制を取り入れたそうです。

そして遅れること1980年代より、他の民間企業でも徐々に土曜日を休日とする週休2日制が広く採用されるようになりました。

今では「週休2日制」を採用している企業割合は 85.2%で「完全週休2日制」を採用している企業割合は50.7%です。

出典: 転職グッド

みなさん混同しがちな「週休2日制」と「完全週休2日制」の違いについてはコチラ

週休2日制が民間企業に定着して40年近く経ちますが建設業界ではどうでしょう?

40年前の建設業界と今の建設業界では、働き方にどれくらいの進歩があったのか?

過去に昔の建設業界について書いた記事もありますので、是非!
『建設業界の「昔」と「これから」』

ちなみに完全週休2日制が採用されている業界ランキングは

4位 医療、福祉

3位 学術研究、専門・技術サービス業

2位 情報通信業

1位 金融業、保険業

出典: 転職グッド

です。果たして建設業は何位なのか!?

 

◆建設業界で週休2日制は定着していない

週休2日制が民間企業に定着して40年近く経ちますが、建設業界では週休2日制が定着していないのが現実です。

定着しない理由として挙げられるのは、週の6日の作業が5日の作業になる事でスケジュールが押し工期が圧迫されるからです。また、休みを挟むことで重機などのリース日数も増えてしまい工事にかかる経費が多くなってしまうからです。

建設業界は基本的に納期厳守であり工期をずらすということはあまりありません。

また工事担当者は、発注者や会社から決められた金額と期間で工事を終わらせるようプレッシャーをかけられるのでサービス残業やサービス出勤があるのも事実で、そのような環境が建設業界には出来上がってしまっているのです。

仮に建設業界に週休2日制が導入されても、このようなことが変わりなく起こり続けるのであればカタチだけの週休2日制で意味は無いでしょう。

もう一つの理由として挙げられるのは、建設現場で働く多くの人が日給制で働いているということです。日給制の場合、週休2日制の導入によって所得が下がってしまいます。

中には、給料が減るくらいなら休まなくていいという声もあるのが現実です。

このような不満を無くし週休2日制を取り入れるためには、工事発注者側も月給制で人件費を積算する工夫をしなければいけません。

過去に日給制について書いた記事もありますので、是非!
「建設業、日給制でいつまで働かせるつもり?」

ちなみに完全週休2日制を採用していない業界ランキングは

5位 建設業

4位 生活関連サービス業、娯楽業

3位 宿泊業、飲食サービス業

2位 運輸業、郵便業

1位 鉱業、採石業、砂利採取業

出典: 転職グッド

です。ワースト5位・・・残念!

 

◆今後の建設業界の為に週休2日制は必須

なぜ今頃になって週休2日制が騒がれているのかというと、建設業界の若者離れや人員不足などが原因です。

休日の少なさや長時間労働から、建設業界は若者が行きたがらない、入ってもすぐに辞めてしまう業界の代表格になっているのです。

今後は少しでも建設業界の労働環境を改善し、若者に興味を持ってもらう工夫をしなければ業界は衰退する一方です。

いつまでも古い体質のままの建設会社は、今後生き残れない時代となってしまうでしょう。

 

◆まとめ

今回は「建設業界の週休2日制は定着するのか?」について書きました。

建設業界に週休2日制を定着させるには、「適正工期の確保」や「日給制」の問題など様々な事をクリアしていかなければなりません。

その為には建設会社だけではなく工事発注者側にも理解と協力をしてもらうことが重要だと感じます。

当社も将来を見据えて4月から完全週休2日制を導入していますので、未来の建設業界の為にもこの様な建設会社が増えてくれればと思います。

 

 

クリエイトワークスのページ「いいね!」はコチラ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)