施工管理は精神を病む?ウソ?ホント?3つの精神疲労の取り方


こんにちは。

まだ場が温まってない飲み会でトップバッターでカラオケを歌うことを指名されたのが
社会人になって一番精神的プレッシャーを感じたヒラムキです。

歌が上手なわけでもなく音痴でもないと聞いてる方もリアクションって取りにくいものですよね。

私は前者でも後者でもないわけで汗

みなさんも社会人をやっていれば精神的プレッシャーを感じたことがあると思います。

今回は、そんな精神的プレッシャーを感じたときに回復する3つの方法をご紹介します。

是非ご参考に!

 

目次

◆施工管理者が感じるプレッシャー
◆セロトニンと睡眠
◆セロトニンと食事
◆セロトニンと運動

◆まとめ


◆施工管理者が感じるプレッシャー

どんな仕事でも精神的プレッシャーを感じることは多かれ少なかれあると思います。

では施工管理者はどのような部分に精神的プレッシャーを感じるのでしょうか?

建設現場では大きな金額を常に扱うことになり、小さなミスや遅れが大きな損失に繋がることも。

新人の施工管理者でも、ウン十万円の損失を出してしまうことも。

新人でもそのような仕事が任せられるわけで、やりがいがあるのと同時に
精神的プレッシャーもなかなかのものだと思います。

また施工管理者として立場が上がれば扱う金額もさらに大きくなり、現場で1つ判断を
間違ってしまったら損失額がウン十万円じゃ聞かない場合も。

そんな中で工期も守らなければいけないので常に迅速で正しい判断が求められます。

とは言うものの現場は毎日毎日状況が変化するわけで一筋縄にいかないもの。

精神的にも疲れちゃいますよね?

精神的に疲れちゃう原因は、実は常にプレッシャーにさらされることで
脳内物質のセロトニンが不足してしまうからなのです!

ではどうしたらセロトニンが増えるのか?

てかセロトニンって何っ!?

 

◆セロトニンと睡眠

セロトニンは幸せだと感じる感情や行動に大きく関わっており、それゆえに「幸せホルモン」
とも呼ばれてる脳の神経伝達物質です。

しかし寝不足の状態が続くと、セロトニンが不足し気持ちがイライラしたりネガティブに
なったりと不安定な状態になり精神面にも悪影響が出てしまいます。

なので質の良い睡眠をとることが重要になってきます。

質の良い睡眠を簡単にとる方法としては

・寝る前にお酒は飲まない
・寝る前にコップ1杯の水を飲む
・寝る3時間前には夕食を済ませる
・ぬるめの入浴でリラックス
・寝る前に喫煙、カフェインの摂取をしない
・寝る前にパソコンやスマートフォンを使用しない

という部分を気を付けると睡眠の質が改善されます。

 

◆セロトニンと食事

精神疲労には、バランスのよい食事が何よりも大切です。

また、セロトニンを作り出すために必要な材料が「トリプトファン」と言うアミノ酸物質です。

トリプトファンは、人間が体内で作ることができない物質で、食べ物により体内に取り込む必要があります。

トリプトファンを多く含む食材として

・チーズ
・牛乳
・味噌
・豆腐
・納豆

が挙げられます。

トリプトファンが脳内に到達し、セロトニンが作られるまである程度の時間が必要なので
朝食で摂取するのが効果的といわれています。

 

◆セロトニンと運動

適度な運動をすると脳の血流がよくなり脳が活性化され、セロトニンが脳内に増えることが分かっています。

簡単にできるオススメの運動としては

・ウォーキング
・ジョギング
・縄跳び
・階段昇降
・スクワット

のような単純な動作をリズミカルに繰り返す運動が効果的といわれています。

疲れてヘトヘトになるような運動や体がキツイと感じるような運動は避けましょう。

また、どうしても運動する時間が取れない場合は、太陽の光を浴びるのも効果的です。

 

◆まとめ

今回は精神的な疲れと深い関りのあるセロトニンの3つの増やし方について書きました。

生活の中でセロトニンを増やす睡眠・食事・運動を意識的に取り入れ心をスッキリ整えてみましょう。

これらのことを試してみても心が晴れない場合は、施工管理の仕事が原因ではなく
会社が働かせすぎの可能性もあるので、働き方を見直してみるのもいいかもしれないですね。

過去に「建設業界の働き方改革」に触れた記事も書いていますので、興味のある方は是非!

 

 

クリエイトワークスのページ「いいね!」はコチラ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)