定年後に活躍できる人とは?


こんにちは。

あまり目立つのが好きではないので、会社では存在感を殺すのに
日々努めているヒラムキです。最近では、その活動が功を奏し
社内でオタクの称号を手に入れることができました笑

みなさんは会社で働いているときにバリバリ活躍して目立ちたい派ですか?

そこで今回は、そんな目立ちたがり屋さんの為に
「定年後に活躍できる人とは?」について書きました。

定年後も現役でギラギラしたい方は是非参考にしてくださいね。

目次

◆プライドは捨て去るべき
◆固定概念に捉われない
◆年齢を意識しない

◆まとめ


◆プライドは捨て去るべき

プライドが高いと自分の考えが固定化してしまい、仕事の進め方に柔軟性がなく
周りの人たちと協力しながら仕事を進められない場合もあります。

これまで社会人として積み重ねきたプライドは多かれ少なかれ持っているはずですが
そのプライドのせいで、教えても教えても仕事を吸収してくれない、アドバイスすれば気分
を損ねて機嫌を取らないと仕事をしてくれない等があれば、どんなに経験と技術があっても
活躍することはできません。

あらゆるプライドを捨てて、素直になり職場に溶け込む努力が必要です。

つまらないプライドを捨て去らなければ、再就職をするべきではありません。

 

◆固定概念に捉われない

様々な社会経験を重ねてきた年齢だからこそ、知らないうちに固定観念に捉われて
しまっていることがあります。

過去の体験から「これはこうあるべきだ」という自分なりの「答」があると思いますが
その体験だけで物事を進めようとし、それがあまりに強すぎると活躍するチャンスを
逃してしまうことになりがちです。

また、自身の成功体験を他者に強引に押し付けてしまい周りから浮いてしまう場合も。

固定概念を一度取り払って、自分の経験や知識を使ってどんなことができるかを
まっさらな状態から考え直してみることが大切です。

 

◆年齢を意識しない

「俺はもう若くないから」等の年齢を気にする発言を頻繁にするはいいことではありません。
「若くない」というネガティブな思考は周囲にのモチベーションを下げてしまいますし
仕事ができない言い訳のようにも聞こえてしまいます。

定年後であろうと仕事をする以上はプロフェッショナルな気持ちを持つことが大事です。

与えられた仕事を少しでも質の高いものにするよう本気で取り組む姿勢を見せることが大切です。

 

◆まとめ

今回は「定年後に活躍できる人とは?」について書きました。

やはり年齢は関係なく常に謙虚な姿勢が大事なのだと感じます。

まだ、再就職に至っていない方は、コチラの記事を。

「定年後に再就職する3つのコツ+1」

私も常にフレッシュな気持ちを忘れずに仕事に取り組みたいですね!

これから再就職先で活躍したい方は是非参考にしてくださいね!

 

クリエイトワークスのページ「いいね!」はコチラ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)