建設業界の3つの働きで現場監督の残業が減る?


 

こんにちは。

今までグラフィックデザイン系の仕事をしていたのに
なぜか今は建設会社で日々ブログを更新しているヒラムキです。

本日は、日本人みんな大好き?残業について。

残業と聞いて震えが止まらない現場監督さんも少なくないのでは?

現在は、建設業界に身を置き残業も多くなく満足していますが、
デザイナー時代は残業が多かったので、まさに私もその一人です!笑

 

目次

・働き1:建設現場のIT化
・働き2:建設現場に週休2日制導入
・働き3:建設現場への女性の進出
・まとめ


働き1:建設現場のIT化

建設業界にいれば、「i-Construction(アイ・コンストラクション)」
という言葉をよく聞きますね。

このIT技術で重機を自動運転したりドローンによる自動測量を行うことで
現場の作業が楽になる新しいIT技術です。

このIT技術を使えば生産性が上がり、働く人の負担も減り残業が減ります。

前にもブログで取り上げているので興味のある方は是非!

近い未来あなたの現場はロボットが支配している!?

 

働き2:建設現場に週休2日制導入

現在は土曜日も現場で工事が行われているのが普通ですが、徐々にではありますが
土曜が休みの現場も出始めています。

働きやすい環境が整えば、人が足りなくて困っている建設業界にも人が集まり、
個人の負担が減り残業の軽減に繋がるのではないでしょうか?

このようなロゴマークも作られており力の入れ方が見えますね。

日本建設業連合会が作成した「建設業 週休二日」ロゴマーク

 

働き3:建設現場への女性の進出

「土木女子」や「ドボジョ」という言葉を聞いたことがありますか?

こちらは言葉の通り建設現場や土木の現場で活躍する女性のことです。

現場に女性専用トイレを置いたり、業界の働き方の見直しを行い
女性の働きやすい環境に力を入れている建設会社も出てきています。

このような女性のことを考えた取り組みを行うことで、会社全体の
働く環境が良くなっていきます。


※写真はイメージです。

 

まとめ

これらの建設業界の3つの働きには私は賛成で、この働きに理解のある建設会社は
極端に多い残業などはないのではないでしょうか?

今後、建設会社を選ぶ際は、働く身としてはココも大きなポイントになりますね。

過去にプライベートを犠牲にして働いていた私としては、広く建設業界に広がって
ほしい取り組みですね!

クリエイトワークスのページ「いいね!」はコチラ

 


2 thoughts on “建設業界の3つの働きで現場監督の残業が減る?

    • hiramuki018 投稿者返信する

      こんにちは。クリエイトワークスのヒラムキです。

      コメント&シェアありがとうございます!

      是非今後の活動の参考にしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)